組合役員の立場と役割(第3講座)

ねらい

組合員が組合活動を評価し満足度を高めるためには、組合役員がどのような時、どのような立場で、
どのように発言・行動すればよいか、マネジメントの手法から解き明かします。

職場運営の過程で発生する日常的な労使間のトラブルに、組合役員としてどのように対処すればよいか、
事例研究を通じて解説いたします。

ポイント

  • 現場の問題は現場で解決することの重要性を学ぶ
  • 相手(組合員・管理職者)に応じて立場を使い分ける問題解決手法が習得できる
  • 現場の役員として組合活動を経験された方におすすめ

セミナー時間

2時間~

参加人数

何人でも受講可能です。

お客様の声(感想)

  • 準備中です

セミナーの準備物

  • レイアウト:アイランド型
  • 主催者の準備物:レジュメ印刷、プロジェクター、スクリーン(PCは講師が持参いたします)、ホワイトボード、講師用水
  • 参加者の準備物:筆記用具

 

関連記事

  1. 人生100年時代を見据えて年金制度を知ろう

  2. 労働組合の経営対策シリーズ① 「経営の足腰」の見抜き方

  3. 労働組合のための個人情報保護法総まとめ ~最新の法制度と取扱いにおけるポイント~

  4. 介護離職を防ぐための 仕事と介護の両立セミナー

  5. 似合うファッションスタイルが分かる  骨格タイプ診断

  6. クイズで学ぶ 労働法の基礎

  7. “笑う体操!”

  8. わかりやすい伝え方

  9. 労使交渉・協議の進め方(第7講座)