防災基礎講座

ねらい

防災の基礎知識や、サバイバルの基本的な考え方を学ぶ講座です。毎年、各地で自然災害が起き、国民の防災意識が高まっています。東日本大震災以来、国や自治体からも「自分の身は自分で守る」という方向性で発信されています。大きな災害があれば、即座に助けが全ての人に行き渡ることは難しいからです。そして、実際に災害に遭う場所が、家や会社にいる時とは限りません。
 
この講座では、いざという時の判断力を身に付ける為に、サバイバルの基本的な考え方からお伝えしていきます。命を守る5原則をベースに、日頃から携帯する防災グッズを考えたり、ワークを通してサバイバル気分を味わったり、講座を通して防災を考える機会にして頂きます。
 

ポイント

  • グループディスカッションを多く取り入れることで、自分はどうするのかの答えを見つけやすくします。
  • 型苦しく危機感を煽るような内容ではなく、アウトドアなどにも応用が効く内容です。
  • ワークの内容によっては、親子向けの講座にすることが可能です。

カリキュラム案

  1. アイスブレイク(自己紹介など)
  2. サバイバルの基本的な考え方
  3. 命を守る5原則
  4. 毎日の生活に取り入れる防災の工夫
  5. 体験してみよう!サバイバルワーク
    (例:石や砂を使った水の浄化法や新聞紙を使った保温コートの作り方など)
    ①水の浄化法 (少し時間がかかるのと、準備物が多いです)
    ②レインコートと新聞紙で作るあったかコート
    ③ロープワーク
    ④手鏡を使ってSOSサインを送る方法
    ※室内の研修でおススメは②と③です。
    ※そのほか女性対象の場合、「日常で行える備蓄方法と簡単レシピ で我が家の備蓄ローテーションを考える」という内容に変更することも 可能です。
  6.  毎日持ち歩く自分なりの防災グッズを考えてみる

 

関連記事

  1. クリティカルシンキング入門

  2. 最強の老後資金対策ツール! ~やさしいiDeCo活用講座~

  3. 六車奈々の『美肌塾』

  4. 労働組合の人材育成

  5. 睡眠セミナー ~カラダにもココロにも良い睡眠でストレスを乗り越えよう~

  6. 誰でも足は速くなる! ジャマイカ式かけっこ教室

  7. 労働組合による働き方改善活動のあり方 ~職場での小集団による働き方改善活動のススメ~

  8. リスニング実践セミナー ~ 支援者に必要な傾聴力 ~ 

  9. 労使交渉・協議の進め方(第7講座)