わかりやすい伝え方

ねらい

受け手にとって「わかる」とはどのような状態なのかを学んでいきます。
 
さらに、情報を発信者の立場で受け手にとって、わかりやすい情報に加工するスキルを習得していただきます。会議で使う資料や提案書を相手に伝わりやすい情報に変えることができるようになります。
 

ポイント

  • 認知心理学の側面から自分の考えや情報を相手にわかりやすく伝える方法を導く
  • 文章のレベルを落とさず、わかりやすい情報(図・表・表現など)に加工するスキルが習得できる

カリキュラム案

  1. 情報化社会では、人に伝わらない情報には意味がない
  2. 「わかる」という心の情報処理(認知心理学)
  3. どうすれば「わかりやすい」伝え方(表現)が実現できるのか
  4. わかりやすく情報をデザインする姿勢を
  5. 身の回りにあるわかりにくい表現から考える

関連記事

  1. 覚えておきたい! インテリアカラーの極意

  2. 究極のワーク&ライフバランス術 ~300%会社人生を楽しむためのワーク&ライフバランス~

  3. どうする?Withコロナ組合活動<情報マネジメント(発信)編> 組合員と組合との組織内コミュニケーションをどうする? ~デジタル時代に、組合活動への認知・理解を高め、組合員の共感・参加・参画をどう引き出す ~

  4. 女性活躍推進セミナー ~ ダイバーシティをベースに考える ~

  5. イチから学ぶ男性育休セミナー ~労働組合役員として知っておくこと・できること~

  6. キャリアデザイン ~「転機」を「チャンス」に変える人財育成で理想の職場づくり~

  7. “笑う体操!”

  8. 労働組合役員が知るべき ダイバーシティコミュニケーション

  9. 労働組合による職場自治活動の進め方 ~「現場の知恵」を反映した強い職場を自分たちで創る~