「LGBT」「SOGI」に関する基礎と取り組み −労働組合に求められる法制度対応と職場環境づくりー

ねらい

パワーハラスメント対策法が成立し、「SOGIハラ」「アウティング(※1)」がパワハラ対策の一貫として義務付けられることになりました。メディアでもその課題や現状が広く取り上げられている一方で、まだまだLGBTに関する理解が進まず、無理解な発言や対応が問題となり、訴訟になるケースもあります。職場や労働組合として、「何かしなければいけないのではないか」と思いながらも、「自分の周りにはいないから」と後回しになっているような現状もあるかもしれません。
本講座では「LGBT」や「SOGI(※2)」に関する基礎知識から、当事者たちが何に課題を感じ、「ALLY(※3)」として支援者は何をすべきかをワークを交えながら学びます。
※1 アウティング:本人の性のあり方を、同意なく第三者に暴露してしまうこと
※2 SOGI:性的指向・性自認
※3 ALLY:アライ、LGBTを積極的に支援する人
 

ポイント

  • LGBTについての基礎的な知識から解決策までを学ぶことができます。
  • 当事者の事例や対応例などが多く含まれ、学術的にも裏付けられた内容です。
  • 労働組合が「LGBT」「SOGI」について取り組む理由を知ることもできます。

カリキュラム案

  1. LGBT・SOGIに関する基礎知識
  2. SOGIに関わる困難事例と統計データ
  3. ワーク&ロールプレイ「当事者の日常を体感してみよう」
  4. 事例検討
  5. 法制度の動向
  6. 労働組合として必要な対応と好事例
  7. グループワーク

関連記事

  1. 女性委員会キックオフ研修

  2. 組合役員の立場と役割(第3講座)

  3. 自己紹介スピーチ必勝法 〜「声」と「間」で印象をグッと良くするコツ〜

  4. 労働組合の経営対策シリーズ② 「経営者のこころ・頭」の見抜き方

  5. リスニング実践セミナー ~ 支援者に必要な傾聴力 ~ 

  6. 職場での声かけの仕方 ~ 気づこう!仲間の不調サイン ~

  7. 最強の老後資金対策ツール! ~やさしいiDeCo活用講座~

  8. 睡眠セミナー ~カラダにもココロにも良い睡眠でストレスを乗り越えよう~

  9. “笑う体操!”