不思議な錯覚の世界を体験しよう  ~錯視で学ぶ心のサイエンス~

ねらい

人の感覚と、実際の物理的対象がずれてしまう現象が錯覚です。

本講座では、視覚と脳で起こる不思議な錯覚=錯視現象の数々を、ゲームを交えながら体験し、楽しみながら人の心の働きを学びます。
驚くような錯視の数々を体験していくと、自分の目がどこまで正しいのか、とても疑わしく思えてしまいます。こうした錯視体験からは、それらを日常生活に役立たせるヒントが得られるだけでなく、人がいかに思い込みにとらわれやすいかを実感でき、多様な「ものの見方」の大切さを学ぶこともできます。
放送大学『錯覚の科学』で人気のテレビ講義のエッセンスを、小学校高学年くらいから大人まで、広く楽しんでいただける体験型セミナーにしました。
 

ポイント

  • 誰もが驚くような錯視現象の数々を、その心理メカニズムを理解しながら体験できます
  • 日常生活で錯視を活用するヒントが得られます
  • ご要望に応じて簡単な錯視立体の工作も体験できます
  • 錯覚に現れる思い込みを知ることで、人の多様性や個性の違いを尊重する体験型の人権教育にも応用できます

カリキュラム案

1.自分の目が信じられなくなる 驚きの錯視体験
古典的な錯視から、最新の研究で発見された「動く」錯視まで、不思議な錯視の数々を体験します。
2.身近に生かす錯視のトリック
短い物を長く見せたり、小さな物を大きく見せたりする錯視のトリックは日常生活でも役に立ちます。食べ物をおいしそうに見せたり、あなたのファッションをより効果的に演出できるかも。
3.体験ワーク
 ・錯視ゲーム:あなたはどれくらい錯視にだまされやすい?
 ・錯視工作:のりとハサミを使って簡単な三次元の錯視立体を作ります。
4.錯覚から知る心の働き
錯覚は、見て楽しいだけではなく、そこには高度な人の心のメカニズムが反映しています。人の「思い込み」がどうして生じるのか、最新心理学の研究成果を解説します。

備 考
集合研修の場合、工作の材料は講師が準備致します。親子一緒に参加可能です。
お子様は小学校高学年程度以上からが対象です。

関連記事

  1. 提案書作成を成功させる伝わる! 資料の色づかいと配色

  2. 職場のパワー・ハラスメント問題と対策

  3. 部下との向き合い方、育て方 ~育成マインドの醸成~

  4. “笑う体操!”

  5. 人間関係を良くする会話術 誰と会っても会話に困らない“雑談力”

  6. 長時間労働による問題と対策

  7. 女性の生活設計と輝く人生の送り方 自律的に働こう、生きていこう

  8. 労働組合の相談活動機能 ~ リスニング実践による情緒支援ネットワークの構築 ~

  9. 睡眠セミナー ~カラダにもココロにも良い睡眠でストレスを乗り越えよう~