ゼロ災害のための心の科学 ~ヒューマンエラーを未然に防ぐ~

ねらい

思い込みや勘違い、指示の聞き違い、操作ミス、コミュニケーションの行き違い・・。こうした人間の失敗:「ヒューマン・エラー」は、さまざまな職場で労働災害を引き起こします。しかし、こうしたエラーは、人の油断や慢心、注意やスキルの不足といった、いわば人の能力の「不足や欠陥」からのみ生じるわけではありません。逆に、優れた能力があるからこそ、必然的にエラーが生じてしまう場合が多くあることが、認知心理学の研究から明らかにされてきました。本講座でヒューマン・エラーを引き起こす人の認知システムの特性を知り、ヒューマン・エラーを労働災害につげないための方策について、実際の事故例と認知心理学の理論をもとに考えていきます。

ポイント

  • ヒューマンエラーの発生や抑制に関する数多くの実証的な研究例から、エラーを生じさせる無意識のメカニズムを理解し、そこから有効な事故対策を考えていきます。
  • 災害ゼロの実現を、安全意識の啓発や注意の喚起といった従来の安全教育以外に、環境やシステムの面から改善していく方法について提案します。
  • 対象者・職場・ご要望に応じて、より実践的な事例を紹介いたします

カリキュラム案

  1. ヒューマンエラーはこうして起こる
    人は「認知の倹約家」とも呼ばれるように、認知(知覚や記憶、行動 判断)に「手を抜く」性質を自然に備えています。そのために、いくら注 意をしたとしても、ヒューマンエラーは必然的に起こります。その実例を、 「注意の錯覚」や「錯視」の実験課題を使って体験します。

  2. ヒューマンエラーの分類と対策を知る
    エラーが人の心理に内包されているとしても、それが災害や事故被害に つながらないようにすることはできます。多様なヒューマンエラーを、そのメ カニズムから「アクションスリップ」や「ミステイク」などに分類し、「フール・プ ルーフ」や「フェイル・セーフ」などの具体的で実施可能な対処方針につ いて考えます。

  3. 日常のリスクに対処する
    労働災害の問題だけでなく、日頃の生活の中での失敗や事故を回避 して、快適な日常を確保するための心の科学をわかりやすく解説しま す。

関連記事

  1. あなたのベストパフォーマンスを取り戻そう! テレワークにおけるストレス軽減のコツ

  2. ユニオンチームビルディング ~新たな期のスタートに執行部の結束力を高める~

  3. 労働組合が取り組むべき働き方改革

  4. パパ・ママ応援!仕事と育児を両立しよう ~仕事と育児 両立社員を目指す ~

  5. 美食同源 ~食べることがキレイのもと~

  6. 「LGBT」「SOGI」に関する基礎と取り組み −労働組合に求められる法制度対応と職場環境づくりー

  7. ボジョレーヌーヴォーの真実

  8. アロマセラピーを生活に取り入れて、 元気でイキイキ !

  9. スッキリ!快適!カンタン整理収納のコツ 知って得する!家庭の片づけ術