世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? ~経営における「アート」と「サイエンス」のリバランス~

ねらい

グローバル企業が世界的に著名なアートスクールに幹部候補を送り込む、あるいはニューヨークやロンドンの知的専門職が、早朝のギャラリートークに参加するのは、こけおどしの教養を身につけるためではありません。彼らは極めて功利的な目的で「美意識」を鍛えているのです。
なぜなら、これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足をおいた経営、いわば「サイエンス重視の意思決定」では、今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの舵取りをすることはできない、ということをよくわかっているからです。では、そのように考える具体的な理由はなんなのでしょうか?

本講座ではその理由について受講者のみなさんにお伝えいたします。



ポイント

  • 山口氏が著書を通じて読者の皆さんに伝えたいメッセージのエッセンスを抜粋してお話しします。
  • 先進企業などを事例に得られる知見により、自組織や自分の新しい働き方に対する考えが深まります。

カリキュラム案

  1. 論理的・理性的な情報処理スキルの限界
  2. 巨大な「自己欲求の市場」の登場
  3. システムの変化が早すぎる世界
  4. 脳科学と美意識
  5. 受験エリートと美意識
  6. 美のモノサシ
  7. どう「美意識」を鍛えるか

    【備考】
    ・事前に先生の著書『世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか』(光文社新書)を一読されてからご参加されることをお勧めいたします
    ・90分講演、残り時間は質疑応答になります。

     

関連記事

  1. 上手な会議の進め方

  2. 被考課者訓練「目標管理・人事考課」傾向と対策《考課者編》

  3. クリティカルシンキング入門

  4. こんまり®︎メソッドビジネス研修 ~世界で話題のメソッドを用いて、生産性&チームワークを向上しよう~

  5. カラーコーディネート パーソナルカラー

  6. 初めての手作り工作教室 ~カップドールと紙工作~

  7. 己抄呼~Misako~の笑う体操!

  8. 基礎から学ぶ組合会計研修

  9. 短時間でよい関係を築くコミュニケーション