短時間でよい関係を築くコミュニケーション

ねらい

本当の意味でのコミュニケーションは、相手と気持ちが通じ合うことです。だから、「わかってくれると感じ合える安心で安全な関係を築くこと」を、『よい関係を築くコミュニケーション』といいます。

周囲とよい関係を築くことができるコミュニケーション上手といわれる人たちは、自分の言動や振る舞いが周囲へどのような影響を与えるのかを知っています。そして、周囲へよい影響を与えることができている人たちがコミュニケーション上手といわれています。

この講座では、言動や振る舞いが周囲へどのような影響を与えるのかを知っていただくことで、周囲とよい関係を築くコミュニケーションを実践しやすい素地を構築していきます。



ポイント

    • 周囲とよい関係を築くために何を実践すればいいのかがわかる。
    • 知ったことを実践するだけで、コミュニケーション上手に近づける。
    • 個人やチームがいきいきと活躍する風土醸成に役立つ。

カリキュラム案

  1. 導 入 人間関係に影響を与える枠組み
        -思考の癖が人間関係に影響を与える-

  2. 講 義 コミュニケーションの種類と到達レベル

  3. ワーク 相手に伝わる言葉を考える

  4. 講 義 問いかけ方のコツ -限定質問と拡張質問-

  5. 講 義 ノンバーバルコミュニケーション

  6. ワーク ノンバーバルコミュニケーションの体験

  7. 講 義 コミュニケーションの手段

関連記事

  1. 職場での組合活動の進め方

  2. 似合うファッションスタイルが分かる  骨格タイプ診断

  3. 心を動かす!プレゼンテーションの技術 ~リーダーに必要な話し方・立ち居振る舞い~

  4. 女性の生活設計と輝く人生の送り方~自律的に働こう、生きていこう~

  5. 労働組合の経営学的意義と機能(第1講座)

  6. 提案書作成を成功させる伝わる! 資料の色づかいと配色

  7. テレワーク時代のメンタルヘルス対策 ~部下と職場に起こる不調の防ぎ方~

  8. 組合員との対話力向上セミナー ~ 自ら組合員に声掛けし対話できる職場委員育成 ~

  9. 労働組合による職場自治活動の進め方 ~「現場の知恵」を反映した強い職場を自分たちで創る~