組合役員として知っておきたい ハラスメント対応力向上セミナー

ねらい

働きやすい職場環境づくりを進めていく上で、職場におけるハラスメント対応は避けては通れません。労働組合の役員は、企業内の「ハラスメント相談窓口担当者」としてだけではなく、「職場の仲間」として、ハラスメントに関する相談を受けることがあります。
 本セミナーでは、ハラスメントに関する基礎知識を学んだ上で、どのように相談を受けるといいかのポイントについて、相談対応経験豊富な社会保険労務士(労働組合書記長、人事部員として計8年間相談窓口を担当)が実例を踏まえて、お伝えいたします。

また、相談を受けるポイントは、ハラスメントの場面だけではなく、その他の労務相談の対応にもそのまま応用できるものとなります。本セミナーを開催することで、組合役員のレベルの底上げが期待できると言えます。



ポイント

    • ハラスメントに関する基礎知識を習得する(自身もハラスメントを起こさない)
    • ハラスメントの相談に適切に対応することができる
    • 様々な労務相談に対しても適切に対応することができる

カリキュラム案

  1. ハラスメントとは
  2. なぜハラスメント対策が必要か
  3. 各種ハラスメントの基礎知識
    ・・・セクハラ、パワハラ、マタハラ、パタハラ、ケアハラ
  4. ハラスメントを起こさないために
    ・・・アンコンシャスバイアスに気付く
  5. 相談対応のポイント
    ・・・相談対応の流れおよび各段階での注意点
    ※随時、グループディスカッションを実施

    【おすすめの対象者】
    ・新任職場委員、新任執行委員、新体制の執行部(例:新任役員研修)
    ・産業別組織(例:各労組の三役向け研修)
    ・ハラスメント相談窓口担当者(例:労使共同開催)

    【人 数】
    制限なし ※人数によってグループディスカッションの量を調整
    ※カスタマイズ必須な研修です。
    ※講師との事前打ち合わせが可能です。(2~3の日程候補を挙げてください)

関連記事

  1. 今さら聞けないビジネスマナー

  2. ちょっとの努力で大きな成果の出る タイムマネジメントのすすめ

  3. ユニオンチームビルディング ~新たな期のスタートに執行部の結束力を高める~

  4. 「LGBT」「SOGI」に関する基礎と取り組み  ~労働組合に求められる法制度対応と職場環境づくり~

  5. 生活習慣から考えよう  自分でつくるこころの健康

  6. 労働組合とメンタルヘルス ~その意義と対策~

  7. ストレスと幸せホルモン

  8. 「持ち味」ワークショップ ~自分と仲間の「持ち味」に気付き、チームとして成果を出していこう~

  9. カラーコーディネート パーソナルカラー