脳科学からアプローチするパフォーマンス向上研修

ねらい

ストレス社会と言われて久しく、最近では「キラーストレス」が社会問題として話題となり、ストレスをどうマネジメントしていくかが、更に注目されるようになりました。ストレスチェック義務化に伴い、企業でもラインケアやセルフマネジメント研修が増えつつあります。しかし、その多くがマネジメントを認知の修正に焦点を充てているため、知識で理解しても現状を変えられないことが多いように思われます。今アメリカでは、マインドフルネス瞑想など「代謝を下げて機能回復(脳疲労解消)」することが注目されています。脳疲労解消は、理解、判断、論理などの人間の知的機能を回復させ、職場での生産性、作業効率を大幅に上昇させます。
本研修では、脳疲労による内部環境のアンバランスがストレスであることを明らかにし、身体からのリリース法を体験していただきます。ストレスはなくなるものではありません。脳を再活性することで本来のパフォーマンスを更に向上していけるための研修を行います。

ポイント

  • 参加者に対して、心と身体のストレスチェックを実際に行い、身体に現れているストレスサインを理解できる
  • ストレスは脳疲労の状態のため、心からのアプローチだけでなく、身体から脳にアプローチするリラクゼーション法も行い、心と身体、両方からマネジメントする。
  • セルフマネジメントと共に、ペアでの解消法も行うので、職場環境改善にも役立つ。

カリキュラム案

    1. 今の自分の心と身体を知る
      (1)こんなこと、ありませんか?
      (2)自分のストレスに気づく(思考チェック・身体チェック)   

    2. 脳疲労を理解する
      (1)身心の不調は脳(脳幹)の疲労によるもの
      (2)パフォーマンス向上のための「快ホルモン」を味方につける   

    3. 脳疲労解消法を学ぶ
      (1)セルフで行う解消法
      (2)相互で行う解消法(2時間以上の研修で行います)

      【備考】
      半日×2日間の形式は、復習出来て非常に有効ですす

関連記事

  1. 業務上のトラブル・事故ゼロを目指して ~再発防止だけでは不十分、リスクの気付きで未然防止~

  2. オンラインでの労使交渉・協議の進め方 (第7講座)

  3. 労働組合の経営対策シリーズ① 「経営の足腰」の見抜き方

  4. セクシャル・ハラスメント防止研修 ~健康職場づくり~

  5. 心身を整え自分らしいイキイキ生活 筋弛緩法と呼吸法・マインドフルネス

  6. 「LGBT」「SOGI」に関する基礎と取り組み −労働組合に求められる法制度対応と職場環境づくりー

  7. 究極のワーク&ライフバランス術 ~300%会社人生を楽しむためのワーク&ライフバランス~

  8. 労働組合の経営対策シリーズ④ 「経営の環境」の見抜き方

  9. フォロワーシップを活かしたリーダーシップ開発