ワンランク上のコミュニケーション術 ~心を開く聴き方・伝え方のコツ~

ねらい

当講座では、円滑な人間関係の基本である信頼関係を築くために効果的な「聴き方」「伝え方」を学びます。
「聴く」「伝える」をワークで実践する中で、言語・非言語のメッセージが相手や自分に与えるインパクトを感じ、自身のコミュニケーションスタイルに対する気付きを促します。
体験で得た気付きにより、コミュニケーション改善に対するモチベーションアップを図り、具体的な改善行動につなげます。

ポイント

  • 信頼される聴き方、相手に届く伝え方を、すぐに活用できる具体的なスキルとして学べる。
  • その場で「聴く」「伝える」を実践してフィードバックを受けるため、 自己のコミュニケーションスタイルに対する気付きが促される。
  • 学んだことが具体的な改善行動につながる。
  • ワーク中心のため楽しみながら学べ、和やかな雰囲気の中で相互理解が深まる。

カリキュラム案

    1. コミュニケーションとは?
      コミュニケーションの構造とミスコミュニケーションが起る原因
      <個人ワーク:セルフチェックシート記入>
      <ペアワーク:自己紹介と参加目的>

    2. 心を開く聴き方
      傾聴の基本スタンス/身体が伝えるメッセージを知る/ペーシング/聴いてますサイン<ペアワーク:無視のワーク>
      相手の気付きを引き出す聴き方<ペア・3人ワーク:人に焦点を当てて聴く>   

    3. 効果的な伝え方
      承認・Iメッセージ・YOUメッセージ・WEメッセージの使い分け
      <ペア/3~5人ワーク:承認をYOU・Iメッセージで伝える>

    4. 要望の伝え方・・・※3時間以上で実施
      ・相手の立場に立つとは?<ペアワーク:どう伝えると伝わる?>
      ・伝わるように要望する<ロールプレイ(3人1組):要望を伝える> 
       
    5. アクションプランとまとめ
      <個人/ペアワーク:アクションプラン作成>

      【備考】
      4時間以内での実施でお願いいたします。

関連記事

  1. 似合うファッションスタイルが分かる  骨格タイプ診断

  2. パワーハラスメント防止研修 ~健康職場づくり~

  3. ボイスストレッチで仕事に活きる声を磨こう

  4. 「声の響き」で第一印象を変えるコツ

  5. ユニオンファシリテーション

  6. 長時間労働による問題と対策

  7. 仕事や人間関係に役立つ自己表現アップ術 ~ アサーションスキル実践による自己主張 ~

  8. 誰でもわかる人事制度の基本

  9. 労働組合役員に知って欲しいメンタルヘルスの基本 ~ 情緒支援ネットワークの重要性を知る ~