リーダーシップに磨きをかける

ねらい

 リーダーシップは限られた人のものではなく、誰かが誰かに影響を与えたときに発生するものです。人間関係は、自分のことをどれだけわかっているかがベースになります。普段の自分やよそ行きの自分の切り替えができるのは、自分が相手にどのような影響を与えているかを知っているからです。
相手に良い影響を与えることができるリーダーシップについて考える時間を持つことによって、個人やチームがいきいきと活躍する一助になることを目的とします。
 
 

ポイント

  • 理論だけでなく体験からも多くを学び取る問題解決型自己マスタリー(自己の理想と現状の差に気づき積極的に学ぶ過程)に基づくプログラムなので、だれでも学習しやすい。
  • 周囲との関係を見直すきっかけになる。
  • より良いコミュニケーションに向けた意識づけができる。

カリキュラム案

  1. コミュニケーションの要素
    ― 知性のコミュニケーションと感情のコミュニケーション ―
  2. テンションだけでもコミュニケーションは変化する
    ― 1対1での影響力を振り返る ―
  3. 協力する姿勢によってコミュニケーションは変化する
    ― グループの中での影響力を振り返る―

関連記事

  1. ロジカルシンキング(論理的思考技術)

  2. 折れない心の鍛え方 ~ストレスを味方につけるためのセルフコントロール法~

  3. クリティカルシンキング入門

  4. 気づこう、アンコンシャス・バイアス ~真の多様性ある職場を~

  5. クリティカルシンキング入門

  6. 組合員との対話力向上セミナー ~ 自ら組合員に声掛けし対話できる職場委員育成 ~

  7. 仲間のやる気を引き出す「承認力 ~ 承認でモチベーションアップ!承認力の高い組織が生き残る ~

  8. 笑顔とプラス思考が第一印象をアップする! 伝わる・惹きつける話し方

  9. 元気が出るワークショップ『労働組合の役割』 ~みんなで考え楽しく学ぶこれからの組合活動~