私のためのメンタルヘルス

ねらい

さまざまな場面で個人の権利や個人の自分らしさ(個性)が重視され、多種多様な生き方や考え方が推奨されるようになりました。それに伴い、選択肢が増え可能性も広がりましたが、同時に不安や葛藤を持ちやすくもなりました。悩みや葛藤、不安との向き合い方や対処の仕方によって、メンタルヘルスは大きく変化してしまいます。

そこで、メンタルヘルスやストレスの意味を正しく理解し、自分に合った悩みや葛藤、不安への向き合い方に加え、自分に合った対処策について考える時間を持つことで、個人やチームが心身ともに健康に活躍する一助になることを目的とします。
 
 

ポイント

  • 理論だけでなく体験からも多くを学び取る問題解決型自己マスタリー(自己の理想と現状の差に気づき積極的に学ぶ過程)に基づくプログラムなので、だれでも学習しやすい。
  • メンタルヘルスの基礎を身につける。
  • 自分に合ったメンタルヘルス対策への見通しを得る。

カリキュラム案

  1. マルチステージのライフスタイル
    ― ライフスタイルの変化と幸せのかたちの変化 ―
  2. メンタルヘルスを支える要素
    ― 4つの健康観とそれを支える4つの機能 ―
  3. メンタルヘルスとストレス
    ― バランスの崩れがストレスをつくる ―
  4. 悩み、葛藤、不安への向き合い方の傾向と対策
    ― 目標の立て方と思考の癖 ―

関連記事

  1. 協働ゲームで学ぶ!労働組合の意義と機能 ~ みんなで村の危機を救おう ~

  2. 異文化コミュニケーションとグローバルマインド ~日本の当たり前は外国人に通じない~

  3. 生活習慣から考えよう  自分でつくるこころの健康

  4. プレゼンテーション(基本スキル編) <プレゼンテーション&演習>

  5. 労働組合による働き方改善活動のあり方 ~職場での小集団による働き方改善活動のススメ~

  6. ~50代からの健康、仕事、お金の対策~  働く人のためのライフ&マネー講座

  7. 笑顔とプラス思考が第一印象をアップする!  伝わる・惹きつける話し方

  8. ポストコロナを見据えた新しい時代の働き方 ~テレワークを中心に~

  9. 誰でもわかる人事制度の基本