日本一のマグロ船から学んだ! マネジメントとリーダーシップの極意

ねらい

『マグロ船』。 この言葉にはどんなイメージがありますか?「借金のカタに送られる」、「行くアテがなくなったら、最後の手段で就く仕事」。そんな暗いイメージがあるかもしれません。
しかし、マグロ船によっては、一般的な会社よりもはるかにチームワーク良く働き、また、ひとりひとりが非常に活き活きとして働いています。なぜならマグロ船は、病院もコンビニもない太平洋上で、40日以上も毎日同じ人と顔を合わせないといけません。極端な言い方ですが、「この人はイマイチだから、新しい人を雇おう」ということができない職場環境なのです。ですから、『あるモノ、いるヒトで、何があっても解決する』。そうした文化が根付いています。よって、船長以下、個々の漁師が、「この船(組織)にとって、自分にできることは何か?」を、考えています。
一見豪快でありながら、繊細な心遣いのあるマグロ船流のコミュニケーションのとりかたを習得していくのがこのセミナーです。
 
 

ポイント

  • 職場でのコミュニケーションが活発になり、連携が取れるようになる
  • 職場に笑顔が増え、社員同士のトラブルがなくなる。
  • 指示待ち人間がいなくなり、自主的に働くようになる。
  • スタッフ個々人の才能を発揮できる。
  • 業務のうえで、今以上の成果を出せる。

カリキュラム案

  1. マグロ船流! チーム力を発揮させるためには、お互いを味方と思う

  2. 「仕事」は、「ゲーム」と同じく、難しいから面白い!

  3. 嫌な人がいるおかげで、自分の評価や価値が上がる!

  4. 相手の美点を素直に認める心の大きさが、良い職場環境を創る

  5. 相手を見るのは、『出来ていない所』よりも『出来るようになった所』

  6. 信頼関係は、裏切らない言葉と態度でしか築けない

  7. 注意や指摘は、1日3回まで!それでも、1年かければ千以上の改善が出来る!


関連記事

  1. おうちで性教育をはじめたい保護者のための「おさらい性教育講座」

  2. お客さまの心をつかむ! 今日からつかえる筆文字“ココロ文字”

  3. キャリアマネジメントセミナー【短縮版】 ~ ちょっとだけ働き方、生き方について考えてみよう ~

  4. じぶん自身を大切にすることが、大切! “仕事と子育て両立”に向けての 「3つのS」準備セミナー

  5. 伝える力 ~好感度の高いコミュニケーション講座~

  6. 労使交渉・協議の進め方(第7講座)

  7. 脳科学からアプローチするパフォーマンス向上研修

  8. 基礎から学ぶ組合会計研修

  9. ちょっとの努力で大きな成果の出る タイムマネジメントのすすめ