労働組合の経営対策シリーズ② 「経営者のこころ・頭」の見抜き方

ねらい

経営者はどのようなことを考えながら企業経営をしているのでしょうか。経営者の「頭」や「こころ」が分かると、自社の本質的な問題点が分かり、経営対策が進めやすくなります。 当講座では、経営理念などをもとに、経営者が思っていることを捉えます。更に、経営者の「こころ」の経営の採点ポイントを学習し、自社の問題点を明らかにします。自分たちの会社を良い会社にするために、労働組合としてどのように活動展開していけばよいか考えるヒントになります。
 
 

ポイント

  • 自企業の経営者(経営陣)を客観的に見つめ直す機会にします。
  • 労働組合としての強みを生かした経営対策を考えます。

カリキュラム案

  1. 「経営者の頭」(自社の企経営ビジョン・経営計画・経営資源など)はどのようになっているか
  2. 「経営者のこころ」(自社の目的・経営理念・企業風土など)はどのようになっているか
  3. こんな企業があることを知っていますか
  4. 今後の経営対策

【備考】 定員24人までを目安としてください。それ以上の場合は別途ご相談ください。

関連記事

  1. “仕事と子育て両立”に向けての 「3つのS」準備セミナー

  2. ワクワクする職場をつくる。 ~「良い感情の連鎖」が空気を変える~

  3. ~ 生活設計と資産運用のキホンを学ぼう ~ 働く人のためのライフ&マネー講座

  4. 労使交渉・協議の進め方(第7講座)

  5. 元気なうちに知っておきたい! 働きながら介護を続ける3つのコツ(集合研修版)

  6. 介護離職を防ぐための 仕事と介護の両立セミナー

  7. 女性の生活設計と輝く人生の送り方~自律的に働こう、生きていこう~

  8. オンラインでも魅力が伝わるイメージアップセミナー ~受けて終わりと思っていませんか?~

  9. わかりやすい伝え方