労働組合の経営対策シリーズ② 「経営者のこころ・頭」の見抜き方

ねらい

経営者はどのようなことを考えながら企業経営をしているのでしょうか。経営者の「頭」や「こころ」が分かると、自社の本質的な問題点が分かり、経営対策が進めやすくなります。 当講座では、経営理念などをもとに、経営者が思っていることを捉えます。更に、経営者の「こころ」の経営の採点ポイントを学習し、自社の問題点を明らかにします。自分たちの会社を良い会社にするために、労働組合としてどのように活動展開していけばよいか考えるヒントになります。
 
 

ポイント

  • 自企業の経営者(経営陣)を客観的に見つめ直す機会にします。
  • 労働組合としての強みを生かした経営対策を考えます。

カリキュラム案

  1. 「経営者の頭」(自社の企経営ビジョン・経営計画・経営資源など)はどのようになっているか
  2. 「経営者のこころ」(自社の目的・経営理念・企業風土など)はどのようになっているか
  3. こんな企業があることを知っていますか
  4. 今後の経営対策

【備考】 定員24人までを目安としてください。それ以上の場合は別途ご相談ください。

関連記事

  1. 「声の響き」で第一印象を変えるコツ

  2. 新入社員研修 はじめの一歩

  3. 労働組合の意義と機能(組合員)

  4. 事例で学ぶ!仕事と介護

  5. ボイスストレッチで仕事に活きる声を磨こう

  6. 働く女性のためのアサーションセミナー

  7. オフィスでできる! 肩こり&腰痛解消のための簡単ストレッチ&トレーニング 

  8. ~人間関係をより円滑にするために~ コミュニケーション研修

  9. 信頼関係が築ける!仕事や人間関係がうまくいく話し方と質問力