組合役員の立場と役割(第3講座)

ねらい

組合員が組合活動を評価し満足度を高めるためには、組合役員がどのような時、どのような立場で、どのように発言・行動すればよいか、マネジメントの手法から解き明かします。職場運営の過程で発生する日常的な労使間のトラブルに、組合役員としてどのように対処すればよいか、事例研究を通じて解説いたします。
 
 

ポイント

  • 現場の問題は現場で解決することの重要性を学びます。
  • 相手(組合員・管理職者)に応じて立場を使い分ける問題解決手法が習得できます。   
  • 現場の役員として組合活動を経験された方にお勧めです。

カリキュラム案

  1. 組合役員の立場
    (1)組合役員(管理者)は6つの顔を持つ
    (2)組合役員と会社職制の関係
  2. リーダーの役割
  3. これからの組合役員の任務

関連記事

  1. ワンランクアップのビジネススタイル 〜似合う色とデザイン〜

  2. 元外資系投資銀行ウーマンが教える  プレゼンテーション資料作成講座 ~演習編~

  3. 組合役員としての目標達成と活動管理の基本(第4講座)

  4. ワーク・ライフ・バランスセミナー ~自分らしいWLBについて考え描いていく~

  5. 労働組合の経営対策シリーズ③ 「経営の体力」の見抜き方

  6. 一歩差がつく「スーツの着こなし」 〜プロが伝える服装コーディネート術〜

  7. 長友選手専属トレーナーが教える 確実にシェイプアップするために 必要な知識と簡単トレーニング

  8. ポストコロナを見据えた新しい時代の働き方 ~テレワークを中心に~

  9. 人間関係改善セミナー  ~気質コーチングとアサーションスキル~