ユニオンコーチング

ねらい

コーチングとは何か? コーチが「教える」ことではありません。「質問により相手の気づきを引き出し、自発的な行動と結果をつくる」コミュニケーション技法のことです。組合活性化の鍵が、現場役員による組合員への対応力向上にあるならば、現役役員がユニオンコーチになり、共感的態度で聴くコミュニケーションを実践することこそ、組合の品質管理運動に他なりません。コーチング全般の理解、スキルの習得など、演習中心に学習します。
※ユニオンコーチはj.union株式会社の登録商標です。
 
 

ポイント

  • セミナーによりコーチングマインドを理解します。
  • 1対1の演習を通じて質問により相手の潜在能力や本音の意見を引き出すスキルを修得します。
  • 組合役員として職場で活用できるようになることを目指します。

カリキュラム案

  1. なぜコミュニケーションが必要か?
  2. コーチングとは(定義)
  3. コーチングの考え方(人間観)
  4. I CAN + YOU CAN + WE CAN
  5. コーチングの心の約束
  6. コーチングプロセス
  7. 4つのスキル(聴く+質問する+承認する+勇気づける)
  8. ワーク(事例研究・演習)
  9. 自分の価値(Doing – Being)

※3時間~をお勧めします。
※実施時間が5時間、7時間など長時間にわたる場合は、コーチングセッションやグループワークなどを多めに実践していただき、スキル習得に効果が高まるようなカリキュラムとなります。  

関連記事

  1. 働き方改革を応援! 3つの迷いを解消! 文章を速く書く実践講座

  2. 信頼関係が築ける! 仕事や人間関係がうまくいく話し方と質問力

  3. 今さら聞けないビジネスマナー

  4. 身近に使える心理学入門 ~行動と感情の仕組みを理解する~

  5. マチュア世代のためのキャリアセミナー ~今だからこそわかる自分らしいキャリアを考えるために~

  6. キャリアマネジメントセミナー ~ ちょっとだけ働き方、生き方について考えてみよう ~

  7. 対人安心力向上セミナー ~話してもらえる安心感のある相談窓口をつくるために~

  8. オンラインファシリテーション ~オンライン職場集会の進め方~

  9. どうする?Withコロナ組合活動<情報マネジメント(発信)編> 組合員と組合との組織内コミュニケーションをどうする? ~デジタル時代に、組合活動への認知・理解を高め、組合員の共感・参加・参画をどう引き出す ~