ビジネス・ディベート セミナー

ねらい

対話力・折衝力の強化には「情報分析力」、「論理構築力」の他、わかりやすく伝えるための「表現力」、瞬時に意思決定する「判断力」などが求められます。それらを鍛えるための最強にして最適なトレーニング方法が「ビジネス・ディベート」です。
当セミナーでは6名程度のチーム単位でディベートの「試合」を行います。
参加者が本気で、かつ楽しくディベートを行うことで明快な論理力と豊かな表現力を身につけることができます。
 
 

ポイント

  • 簡単な心理テストや実験を実施し、参加者の楽観性や「抑うつ」への陥りやすさを客観的に把握する

  • 抑うつに関する「学習性無力感理論」や、それを適切に修正する「認知行動療法」といった心理学の基本的な考え方を理解する

  • 心理学の基本的な考え方を理解した上で、柔軟で前向きなものの考え方を身に付ける

カリキュラム案

①概論・ルール
・なぜ今、ビジネス・ディベートなのか?
・研修の目的と効果
・ビジネス・ディベートとは
・ビジネス・ディベートのプロセス
・ディベートのルールとマナー
・テーマ発表
②作戦会議
・作戦会議・試合準備のための情報分析と論理構築
③ディベート試合
④まとめ

※ディベート試合の回数・参加人数により所要時間が変動します

関連記事

  1. 職場討議・集会の進め方(第9講座)

  2. 元気なうちに知っておきたい!  働きながら介護を続ける3つのコツ

  3. ビジョンストーリーマップ ~ビジョン・方針の実現を目指して「活動の地図」を描こう~

  4. どうする?Withコロナ組合活動<情報マネジメント(発信)編> 組合員と組合との組織内コミュニケーションをどうする? ~デジタル時代に、組合活動への認知・理解を高め、組合員の共感・参加・参画をどう引き出す ~

  5. 笑顔とプラス思考が第一印象をアップする!  伝わる・惹きつける話し方

  6. プレゼンテーション(基本スキル編) <プレゼンテーション&演習>

  7. 労働組合が知るべき メンタルヘルスと安全衛生管理

  8. 似合うファッションスタイルが分かる  骨格タイプ診断

  9. 「持ち味」ワークショップ ~自分と仲間の「持ち味」に気付き、チームとして成果を出していこう~