情宣・広報担当者研修 ~伝えるから伝わるへ~

ねらい

「組合員が機関紙を読んでくれない」こんな機関紙の多くは執行部からの一方通行の情報伝達になっています。「組合員が読みたくなる機関紙」のポイントを習得したうえで、実際の誌面設計の仕方、取材の仕方、記事の書き方、写真撮影のポイントなど、今日から役立つ具体的なノウハウを身につけます。
 
 

ポイント

  • 日常のコミュニケーションにも役立つ「伝わる伝え方」が理解できます 
  • 他労組の具体例を豊富に盛り込み、
  • ワークショップ型の学習で、詰込みではない実践的な知識と技術を身につけることができます

カリキュラム案

Ⅰ.広報担当者の悩みとは
1.ワーク:  あなたの悩み・参加者の悩みは?
2.広報担当者の悩みとは:労働組合広報担当アンケートの調査結果

Ⅱ.なにを伝えるか
1.広報の目的と目標とは
2.ワーク:  広報の目的と、伝えたい事の目標を整理する

Ⅲ.どう伝えるか
1.「伝わる」のために重要なこと
2.ワーク: 読者にとってのメリットにフォーカスする

Ⅳ.実制作にとりかかる
1.設計:  レイアウトの仕方
2.取材:  取材の仕方
3.原稿:  文章の書き方
4.写真:  写真の撮り方
5.ワーク:  実際に、つくってみる

関連記事

  1. 心を動かす!プレゼンテーションの技術 ~リーダーに必要な話し方・立ち居振る舞い~

  2. チームビルディング~仲間との信頼関係が組織の本当の強さに繋がる~

  3. ~信頼関係で結ばれた前向きなチームを創る~ チーム作り研修

  4. 自分らしく輝くための生き方バランス術~ ワーク・ライフ・バランスの実現とメンタルへルス、キャリア的視点から ~

  5. やさしい5S入門

  6. 職場討議・集会の進め方(第9講座)

  7. 初めての木工教室 ~使えるオシャレな黒板づくり~

  8. 組合による会社風土改革と問題解決力の開発 (第10講座)

  9. 不思議な錯覚の世界を体験しよう ~錯視で学ぶ心のサイエンス~