ちょっとの努力で大きな成果の出る タイムマネジメントのすすめ

ねらい

ワーク・ライフ・バランスや働き方改革。その背景には、常態化する長時間労働の問題があります。その対策として、モノづくりの現場で成果を上げている「カイゼン」=「業務のムダとり」を徹底しても効果が上がらないのはなぜか? それは2つの仕事の「しくみ」が根本的に違うからです。
私たちの仕事は、計画外の突発業務や、自分の思い通りにいかない他人との仕事にたえず振り回されるもの。このような「他人や環境に振り回される働き方」こそが、仕事の遅延やストレスの増加の根底にあります。これは、働き方改革の必要性を叫んで個々人の「やる気」を高めるだけでは解決できません。一人一人が自律的に仕事をコントロールする「やり方」を学ぶことが必要です。
本講座では、今日から実践できる具体的なタイムマネジメントの技術を、仕事の原理・原則から、わかりやすく解説します。いつでも確実に成果を上げられるビジネスパーソンを目指してみませんか。
 
 

ポイント

  • 事務職やデスクワーカー(生産ライン外)を対象に、誰でも効果が出る仕事の取り組み方がわかる
  • 事前診断を通して、参加者個人の長所、弱点の把握と組織が抱える問題の傾向が把握できる
  • 「魔法のシート」を使って、講義の内容をすぐに職場での実践に移すことができる

カリキュラム案

1.あなたはなぜ「忙しい」のか?
     誰の、どんな仕事にも当てはまる「仕事のしくみ」から、あなたの“自律度” を知ろう
1-1.あなたの普段の仕事を「仕事のしくみ」で分解してみよう
     <ワーク> 「自分一人でやる仕事」と「他人と共同でやる仕事」の比率は?
                        あなたが、一日の中で「自分でコントロールできる時間」は何%?
2.「事前にわかる仕事」と「突発的な仕事」を見極めよう
     「事前にわかる仕事」がわかると、「突発的な仕事」のダメージをコントロー ルできる!
     「仕事の棚卸し」の実践が、「事前にわかる仕事」を自分のものにする!
2-1.「魔法のシート」で、仕事のやり方を改革しよう
     <ワーク> 「仕事の棚卸し」シートで「事前にわかる仕事」を捕まえよう
3.仕事の「はじめ」と「おわり」=投下時間をコントロールしよう
      自分の仕事を「期限」を中心に組み立てる人は、「他人のペース」に巻き 込まれる
     「自分一人の仕事」の「開始」をマネジメントすれば、仕事が変わる!
4.「優先順位」のしくみ=「期限がすぐの仕事」と「期限が先の仕事」を 見極めよう
       生産性向上のカギは、「業務のムダ取り」ではなく「大事な仕事探し」
       優先順位付けのポイントは、「期限が先」の仕事をどれだけ速く見つけ、 始められるか
4-1.「魔法のシート」で、仕事のやり方を改革しよう
       <ワーク> 「今日の大事」シートで、1日をプランニングしよう

※事前診断の解説を行う場合、お薦めは3時間~

関連記事

  1. Link―U(リンクユー/異業種交流会)~学びと対話で人と未来をつくる~

  2. 生活習慣から考えよう 自分でつくる こころの健康

  3. ポジティブな空気を伝染させる 最強コミュニケーション研修

  4. キャリアマネジメントセミナー  ~ちょっとだけ働き方、生き方について考えてみよう~

  5. ユニオンキャリアデザイン

  6. メンタルヘルスセミナー~ ストレスマネジメント実践による問題解決 ~

  7. スゴイ人間関係のつくり方 ~気質コーチング~

  8. チームビルディング~仲間との信頼関係が組織の本当の強さに繋がる~

  9. やさしい5S入門