自分らしく輝くための生き方バランス術 ~ ワーク・ライフ・バランスの実現とメンタルへルス、キャリア的視点から ~

ねらい

「人生を楽しむために、あるいは心身の健康のために、限りある人生の時間をどのようにすごしていくのか」この問いについて考えることにはとても価値があります。しかし、現代のビジネスマンは多忙で、一日一日が駆け足のように過ぎていく毎日を送っています。自分がありたい姿をイメージし、本来の自分を大切にし、自分の人生を愉しみ、人とも愉しむ人生を送らない限り、満足した日々にはなりません。世間体を気にし、他者の評価に依存した生き方にはいつもストレスがつきまとい、ワーク・ライフ・バランスを崩し、人によってはメンタル不全に陥ることになります。もちろん、そのような状態では、自分が満足するキャリア形成も難しく、仕事へのモチベーションもいまひとつです。
 研修は、各種心理チェックや個人ワーク、仲間とのディスカッションを用いて、自分で自分にOKが出せる有意義な生き方、働き方について考えるきっかけになります。
 
 

ポイント

  • 本当のワーク・ライフ・バランスの意味がわかる
  • 自分のストレスのサインに気づき、その要因となる自分の生き方バランスがチェックできる
  • 自分の本当の要求を知り、自分の生き方、働き方を変えるきっかけとなる

カリキュラム案

  1. なぜ自分らしさが必要か
    ①生き方のバランスが崩れた結果 ストレスのサイン-心、身体、行動
    ②本来の自己と社会的な自己、そして本当のワークライフ・バランスと
  2. 生き方バランスをチェックする
    イイコ尺度、心の依存度尺度
  3. 本来の自分の要求(動機)を見つける
    ①自分の趣味、好きなことを探す
    ②自分のキャリアを見つめる(ライフキャリアレインボー)
    ③人生目標をはっきりさせる
        ストレス関数
        ライフキャリアレインボー


関連記事

  1. メンタルヘルスとセルフケア ~ストレスマネジメント実践による問題解決~

  2. 21世紀に向けた労働組合の経営戦略(第2講座)

  3. 労働組合の相談活動機能  ~ リスナー養成トレーニング パートさんの本音を聴こう ~

  4. 組合役員としての目標達成と活動管理の基本(第4講座)

  5. リーダーシップに磨きをかける

  6. そこが知りたい復職支援 ~安心安全な復職を実現するポイント~

  7. 被考課者訓練「目標管理・人事考課」傾向と対策理論編(第11講座)

  8. 組合役員としてのリーダーシップ開発(第5講座)

  9. 労働組合による働き方改善活動のあり方 ~職場での小集団による働き方改善活動のススメ~