労働組合役員が知るべき ダイバーシティコミュニケーション

ねらい

組織はいまや多様性にあふれており、多くの企業がパフォーマンス向上やイノベーションを目的にダイバーシティ経営を始めています。しかし、単に多様な人が存在するだけでは、組織にまとまりがなく、衝突が起こりやすくなり、パフォーマンスは低下してしまいます。
ダイバーシティ経営を進めるには多様な人材をまとめ、違いを活かすための上手なコミュニケーションやマインドが必要です。セミナーでは、労働組合役員向けに、多様性に対応するコミュニケーションやマインドの持ち方についてお伝えします。
いま注目のアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)トレーニングもたっぷりご用意しています。
 

 

カリキュラム案

  1.        広がる多様性とダイバーシティ経営
  2.        多様性がもたらすプラス面とマイナス面
  3.        ダイバーシティマネジメントという考え方
  4.        価値観ワーク
  5.        アンコンシャスバイアス(無意識の偏見) トレーニング
    ・ アンコンシャスバイアスとは
    ・ 組織にあるアンコンシャスバイアス

※進行方法は変更になる場合があります。

関連記事

  1. 職場討議・集会の進め方(第9講座)

  2. 初めての手作り工作教室 ~カップドールと紙工作~

  3. やる気をひきだす心理学 ~身近に使える心理学入門~

  4. ダイバーシティを考える

  5. 元外資系投資銀行が教えるプレゼンテーション資料作成講座 ~演習編~

  6. 長友選手専属トレーナーが教える オフィスでできる! 肩こり&腰痛解消のための簡単ストレッチ&トレーニング

  7. あなたの大事な老後資金です! 確定拠出年金フォローアップ講座

  8. 気持ちよく働くためのアンガーマネジメント ~そのイライラ、何とかしませんか?~

  9. 職場主体の組合活動を進めるための職場リーダー育成講座