違いを力に変えるコミュニケーション

ねらい

組織はいまや多様性にあふれており、多くの企業がパフォーマンス向上やイノベーションを目的にダイバーシティ経営を始めています。しかし、単に多様な人が存在するだけでは、組織にまとまりがなく、衝突が起こりやすくなり、パフォーマンスは低下してしまいます。 ダイバーシティ経営を進めるには、多様な人材をまとめ、違いを活かすための上手なコミュニケーションやマネジメントが必要です。とはいえ他者に同調しやすいコミュニケーション特性を持つ日本文化では、多様性に必要なコミュニケーションについて、頭では理解するものの実感が伴いません。 本セミナーでは、組合員向けに、ダイバーシティについて簡単に伝え、違いがある人とのコミュニケーション体験をしていただきます。
 
 

カリキュラム案

  1. 多様な人材とともに働く時代を考える
    ・ダイバーシティ経営の意義
    ・ダイバーシティのメリットとデメリット
  2. 様な時代に必要なコミュニケーション体験
    ・価値観ワークゲームとふり返り
  3. 多様な人を受け止めるコツ
    ・共感と心理ブロッキング

関連記事

  1. オンラインでも魅力が伝わるイメージアップセミナー ~受けて終わりと思っていませんか?~

  2. クリティカルシンキング入門

  3. 「持ち味」ワークショップ ~自分と仲間の「持ち味」に気付き、チームとして成果を出していこう~

  4. 女性特有のライフイベントとヘルスケアを知って未来をデザインしよう!  女性のためのキャリアデザインセミナー

  5. リーダーシップに磨きをかける

  6. 被考課者訓練「被考課者訓練」トレーナー養成

  7. 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? ~経営における「アート」と「サイエンス」のリバランス~

  8. 親子の整理収納術 ~実家の片づけポイント講座~

  9. 部下の育成と教育・研修技法(第8講座)