「個人で頑張る」から「チームで成果を出す」時代へ 労働組合を活用した良い職場“チーム”のつくり方

ねらい

個々人は優秀で頑張っているのに、なかなか組織としての成果があがらない。そんな悩みはありませんか?どんなに優秀な個人が集まっても、一人で頑張っている烏合の集団では、組織としての成果にはなかなか結びつきません。
2015年ラグビーワールドカップにおける日本代表は、南アフリカ戦の勝利を始め歴史的快挙を成し遂げました。1対1の個人戦では勝てない体格や身体能力の差を2対1のチーム戦に持ち込んだプレーが印象的でした。まさに“チーム力”が生んだ奇跡的勝利です。ワールドカップ女子サッカーのなでしこジャパンも同じくチーム戦で勝利を積み重ねています。優秀な個人も大切ですが、チームイノベーションの時代です。 組織の機能的分断が行われ、仕事の見えない化が進む職場で、みんなが協力し合い、助け合い、教え合う職場づくりはまさに組合活動の横串機能(役割)です。①仕事の付加価値向上(技術の伝承、イノベーション)、②人材活用(メンタルヘルス予防、離職率低下)、③コンプライアンス(相互チェック機能)の視点からも個人力に依存した組織には、企業リスクが伴います。個人力をつなげてチーム力を高める視点から組合活動そのものの重要性を理解し、チーム力を高める手法を学習します。経営側が縦機能を強化すればするほど、組合側の横串(組織横断)機能の発揮が求められています。
 
 

ポイント

  • 知識詰め込み型ではなく、講師と受講者の対話形式の講座です
  • “良い職場づくり”の事例紹介や具体的な方法の説明もあります
  • これからの労働組合の役割、可能性を改めて確認できます

カリキュラム案

  1. 人材育成だけでは不十分?! 良い組織=人材育成(人づくり)×組織開発(職場づくり)
  2. 良い職場・会社・家族・地域社会をつくるには?-21世紀型労働組合の役割-
    1)対組合員/対管理職/対経営/対家族/対社会/本人にどんな影響を与えている?
    2)ハード面/ソフト面での労働組合の役割とは

※おすすめは3時間~

関連記事

  1. アロマハンドトリートメントセミナー ~自宅で簡単セルフケア~

  2. 子育ちストレスとの付き合い方

  3. わかりやすい伝え方

  4. 伝え方・聴き方から見つけよう 満足納得のコミュニケーション ~ お互いにOKな関係づくりのコツ ~

  5. お客様を惹きつける  商品ディスプレイとカラーの法則

  6. 人生100年時代! 定年を楽園にするための仕事とお金の話

  7. 信頼関係が築ける!仕事や人間関係がうまくいく話し方と質問力

  8. 被考課者訓練「目標管理・人事考課」傾向と対策理論編(第11講座)

  9. 初めての木工教室 ~使えるオシャレな雑貨づくり~