労働者(労働組合)と政治

ねらい

働く人たちが今以上に豊かに安全な生活を送るには会社、組合内の活動だけでは限界があります。また社会保障や税金に対する将来への不安を払拭するには、その基盤となる社会がしっかりしていなければなりません。社会づくりは誰かから与えられるものではなく我々が積極的に政治に関与することから始まります。
当講座は働く人たちが、政治にかかわることの必要性を執行委員が現場役員、組合員に対してどう伝え、いかに参画してもらえるかのノウハウを伝えます。また個人・グループワークを通じて政治を身近に感じていただく講座です。

ポイント

  • 自発的に政治に参画することの大切さを理解できます。

  • ワークを通じて普段は政治に対して関心が低い方にも、抵抗無く参加できます。

  • セミナーの場を利用して政治に対する自分の考え方が整理できる。

カリキュラム案

  1. 豊かで安心な暮らしの実現

  2. 組合員の政治への拒否感

  3. 日本の社会の将来像をどう見るか

  4. 政治と利益(圧力)団体との関係

  5. 労働者利益の現状

  6. 政治・選挙についての意識

  7. 個人・グループワーク

関連記事

  1. ヨガで免疫力をアップし、健康的な体を作りましょう!

  2. 人生100年時代! 定年を楽園にするための仕事とお金の話

  3. どうする?政治活動 ~組合員から理解と共感を得るための政治活動のポイント~

  4. 労働組合の意義と機能(組合員)

  5. キャリアセミナー(2時間) ~ 自己責任の時代のキャリアの考え方 ~

  6. 覚えておきたい! インテリアカラーの極意

  7. 元外資系投資銀行ウーマンが教える  プレゼンテーション資料作成講座 ~演習編~

  8. メンタルヘルスセミナー~ ストレスマネジメント実践による問題解決 ~

  9. 組合による会社風土改革と問題解決力の開発 (第10講座)