労働組合の人材育成

ねらい

労働組合が人材育成機関の役割を担っていくことが、組織活性化への第一歩ではないでしょうか。現場の役員が組合活動に対して主体的になり、活動を通じて自己成長感が得られるように支援していくこと、そのことが人材育成となり組織の活性化に繋がると考えられます。そのためには中長期的に組合活動を支援する育成計画が大切です。当講座は、労働組合の人材育成機能を再認識し、より効果的な育成手法を学んでいきます。
 
 

カリキュラム案

  1. どうして労働組合に人材が集まらないのか
  2. 結集軸(使命)のぶれ
  3. 21世紀の労働組合にも引き継がなければならない使命
  4. 教育し、学習するとは?
  5. アクションラーニングの進め方
  6. どうしたら労働組合は頼りになる存在になるのか
  7. 事例紹介

関連記事

  1. アロマハンドトリートメントセミナー ~自宅で簡単セルフケア~

  2. ~節税しながらおトクに運用~働く人のNISA活用講座

  3. 被考課者訓練「目標管理・人事考課」傾向と対策《考課者編》

  4. メンタルヘルス研修「ハラスメントのない職場づくり」

  5. クセを直して美文字に!実践ビジネスペン字

  6. これからの労働組合の経営対策活動(第12講座)

  7. お客さまの心をつかむ! 今日からつかえる筆文字“ココロ文字”

  8. 労働組合のための個人情報保護法総まとめ ~最新の法制度と取扱いにおけるポイント~

  9. 介護離職を防ぐための 仕事と介護の両立セミナー